お金を借りることは後ろめたいけれど、一度借りると安心できる

金融機関からお金を借りることは、何となくいけない事と言うか、危ない、怪しい、怖い、後ろめたいイメージがあります。
人には絶対言えないし、イメージが手軽に借りられるから裏があるんじゃないかとか怪しい感じを受けます。
でもどうにも生活が回らない時、困って仕方なく頼るしかない時にはとても助かります。
人に知られるわけでもなく、コンビニでは、お金を下ろしているのか借りているのかなんて全くわからないです。
最近はCMなどでもよく目にするので、前ほど怪しい、怖いというイメージはないですが、金融機関とクレジットカードだったら身近なクレジットカードを選びます。
安心感と会社のイメージが身近だからです。ショッピングで使っているクレジットカードなら、安心して借りることが出来ます。
支払いもショッピングと一緒なので、返せる額しか借りないので普段の買い物をした感じで借りれます。
金融機関だと、何となく近づきにくいイメージです。お金を借りるという思いイメージです。
借りるとしたら、1万から5万くらいまでで、ボーナス前なら10万くらいまでなら借ります。
返せる金額前提なので、それ以上は絶対借りません。一万くらいなら、今月キツイなと感じたら借りてしまうかもしれません。
借りる=借金なので、気持ち的には後ろめたさがあるけれど、一度借りてしまうと手軽すぎて、お金を下ろす気持ちで借りれてしまいます。
しかも、一万円くらいなら買い物した感覚なので特にあわてたり、あせったりする気持ちもありません。
キャッシングで助かるので、手軽さ、安心さでキャッシングを利用したいと思います。

必要なら仕方ないが、あまり頻繁に足を運ぶモノでも無いと思う。

昔ほどイメージも悪く無く、お金借りて来ちゃった、なんて簡単に他人に話す友人もいますので悪いものな印象は大きく減りました。なので必要ならドンドン借りても良いと思いますが、借りるのにもそれなりの能力が必要になったよな、とは思います。

前は審査なんかももっと難しく、返せるかどうかの判断を金融会社の方がやってくれていたように思います。
でも今は初めてなら大体誰でも借りる事が出来ますし、適当に考えていると簡単に返済日を間違えたり、口座にお金が無かったり、と言う事が起こります。

私自身は、そういう所でお金を借りるのは最後だと思っているので、借りない方になりますね。取りあえず親とか友人とかに話を持って行って、色々と試した後の選択肢にはなります。始めて借りる、と言う友達に付き合った事がありますが、何の障害も無く借りれて流れがスムーズ過ぎると感じてしまいました。少し位は苦労した方が私には合っているかも知れません。でないとすぐに借りてしまいそうです。

数十万円くらいのキャッシングであればそれほど抵抗はないと思います。自分の普段の生活の中でそれぐらいのお金は動いて行きますから。それ以上になると恐怖の面が一気に大きくなり、3桁なんて行ってしまったらもう精神的に不可能ですね。あまりお財布にもお金を入れておかない方ですから、財布に厚みが付いていると落ち着かないですね。扱う事自体は平気なんですが。何かあった時に、と言う意味でもキャッシング枠のついたカードは作ってあります。

農工祭とは・・・

農工祭とは、東京農工大学(国立大学、東京都府中市)の学園祭の名称であり、農学部のある府中キャンパスと工学部のある小金井キャンパスでそれぞれ行われている。
また、学園祭の開催にあわせて科学技術展も開かれている。

東京農工大学

東京農工大学(とうきょうのうこうだいがく、英語:Tokyo University of Agriculture and Technology)は、東京都府中市に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は農工大。

学園祭

学園祭は「農工祭」と呼ばれ、毎年11月中旬に3日間行われる。農学部と工学部の温度差が激しく、普段は工学部のある小金井キャンパスで活動するサークルも農工祭の時はほとんどが農学部のある府中キャンパスに移動し、模擬店や各サークルの活動内容にちなんだ出し物、展示などが見られる。環境問題を意識したゴミステーションの設置、農工大産の乳酸菌飲料の販売など、農学部らしい一面も見ることができる。農工祭と同時に科学技術展も開催され、大学での研究成果の社会還元の場の1つとなっている。

小金井キャンパス

工学部、大学院工学府、生物システム応用科学府、技術経営研究科、共生科学技術研究院(研究組織)
JR中央線東小金井駅
小金井キャンパス内には「ニュートンのリンゴの木」が植えられている。

府中キャンパス

農学部、大学院農学府、連合農学研究科、岐阜大学大学院連合獣医学研究科
京王線府中駅、JR武蔵野線北府中駅
農学部本館は重要文化財に指定されている。